公立宇出津総合病院

リハビリテーション科

メインイメージ2
メインイメージ3

病気・外傷や安静等によって失われた機能を回復させるお手伝いをします。日常生活に必要な活動(食事をとるトイレに行く等)が自分で出来るように練習したり、環境を整えたりします。また、ご家族等の介助負担の軽減を図ります。

【スタッフ】 理学療法士  4名
  作業療法士  1名

対象となる方

骨折、変形性関節症、腰痛、五十肩などの整形外科疾患
脳梗塞や脳出血などの脳血管障害、パーキンソン病のような神経疾患
また、内科、外科的治療で安静をとった後の高齢者に対しても歩行練習、日常生活動作練習を行います。

基本的な治療法

■運動療法 関節の動きや低下した筋力を改善したり、歩行などの運動機能を高めていきます。
■日常生活動作訓練 トイレ、入浴、食事など日常生活に必要な動作の練習、指導を行います。
■物理療法 主に痛みを和らげる目的で、様々な機械を用いて行います。
(ホットパック、低周波、極超短波、渦流浴、SSP、牽引等)
■補装具の作製・調整 患者様に合った「杖、車イス、上下肢装具」を作製します。
装具外来は、毎週火曜日整形外科にて行っています。
■家屋指導 自宅での生活が円滑に行えるよう、住宅リフォームに関して、指導・助言を行います。
(手すりの設置・段差解消・介助機器の紹介)
■訪問リハビリ 主に通院困難な方に対して、スタッフが自宅に伺いリハビリを行います。

当病院でリハビリを受けるには

1.整形外科(リハビリテーション科兼任)で診察を受けて下さい。

2.リハビリを受けたい旨を医師に伝えて下さい。

3.リハビリ依頼処方を書いてもらって下さい。

4.リハビリを開始します。